月次予算で余ったお金の管理方法とは

先日、初めて我が家の家計簿(2017年1月)を公開しました。限りあるお金の中でどうやりくりしていくかを予算立てし、初めて1ヶ月間の収支額を発表しています。こちらからご覧ください。→2017年1月hana家の家計簿公開♪

予算内でやりくりし、月末には上手にやりくりし終え、お金が余っていれば嬉しいですよね。hana家も毎月お金が余れば嬉しいな~と思いながらも予算立てをし、ドキドキしながら迎えた1月末。結果は、収入が△7,649円、管理不能支出(固定支出)が、△4,950円、管理可能支出が、△2,102円、支出合計△7,052円と、まずまずは好調のスタートとなりました。

スポンサーリンク


余ったお金の行方とは

そこで余ったお金はどうしよう…。
金額は少ないですが、とても嬉しい悩みが出来たのです。予算立てをしていく中で、前年の年間支出を出し、特別支出、年間の収入予算、ボーナス予算、年間、月次の支出予算を決め、余ったお金の管理方法まで決めていたものの、いざ余ると本当にこれで良いのかなと立ち止まってしまったのです。本当に嬉しい悩みです。

家計管理を始めた1月は、毎月の強制預金(先取り貯蓄)が1,100円という少ない金額だったので、もし余れば全額を貯蓄に回すつもりでした。ただ1,100円が少なすぎるという私の客観的な見方で貯蓄すると決め、夫も賛同していたのでそうするつもりでした。

しかし、実際に月末になりお金が余った時は「やったーーーーーーーーーーー!!」の嬉しさと同時に、「あれ…せっかくやりくりが上手にいって余ったのに全額貯蓄なんて…。」「中・長期的な貯蓄は必要だけど、もしかしたら急に必要な出費が出るかもしれない。予備費として少額でも積立しておくべき…なのでは…。」と思うようになりました。

hana家での強制預金の考え方

hana家では、毎月1,100円という少ない強制預金額ではありますが、このお金は中・長期的な貯蓄として捉えています。1,2年以内に使うお金ではなく、長い目でみた貯蓄なのです。なので、簡単に引き出すことはしませんし、よほどのことじゃない限りは手をつけません。

もし月次予算で上手にやりくりをし、当初の計画通り全額を強制預金同様の貯蓄に回してしまえば、臨時出費等の予測できない出費が出てしまった時、強制預金が一緒になった口座からお金を引き出さなければなりません。

そうなると、どの月にいくらあまり使って良かったお金なのか、よほどマメに記録していない限りは正確な金額を把握するのは大変です。まして簡単に引き出せることを無意識に身体が覚え、毎回引き出していれば何のための強制預金かわからなくなる可能性が出てくると判断しました。

色々考えた結果、管理可能支出で余ったお金は、現在私たちが目標にしているもの・こと、買いたいもの、楽しみたい事、予備費など目的別に分け、少しずつ積立することにしたのです。

管理可能支出の余ったお金は袋積み立て

現在の袋積み立ては下記の通りです。

・NHK費(半期に一度の支払い。使わないために袋管理)
・お楽しみ費
・ビデオカメラ費
・Mac購入費
・予備費

以上、5つの袋分けを始めました。

NHKは半期に一度の支払いなので、支払専用口座に置いておくのではなく、袋分けで管理することにしました。それ以外の4費目についてはお金が余った際の積立て用です。

写真では袋が4つですが、数時間前に夫とPCをいつかMacに買い替えたいという話が出たので急遽加えることにしました。

前回1月分の余りは△2,102円だったので、金額として振り分けると少額のお金ではありますが、コツコツとゆっくり楽しみながら積立していくことにしました。極端に言えば、月次0円で終えられたり、1円でも余りがでたら家計管理は成功ですよね。それが2,102円も余ったなんて我が家にとっては、嬉しすぎます!周りから比べたら少額かもしれませんが、他人の家計のものさしではなく、hana家のものさしで考えていくことが大事ですよね。お金が余ることも幸せですが、何より家族が幸せなので嬉しい限りです。

hana家の余剰金管理の仕方

総合的にまとめますと以下の通りに決定しました!!しばらくはこのような管理方法で家計管理・余剰金管理をしていきます。

<収入の余り>
→強制預金と同様に、中・長期的な貯蓄に回す

<管理不能支出(固定支出)>
→支払専用口座にそのまま保管
※使い方次第で支出に変動がある携帯、水道・光熱費。もしも予算オーバーした際の支払いに困らないよう口座内で保管しておきます。

<管理可能支出>
→目的別に袋分け積立
※額が大きくなれば、家の中にずっと溜め込むのも危ないかもしれないので、その時は口座積立などで考えていきます。まずは少額なのでしばらくは袋分けです。
貯蓄としてカウントしていくのは、収入の余りと強制預金額のみとしました!それ以外は近い将来使っていくものなので、カウントしません。こちらについては、また別の記事で書いていきたいと思います♪