2019年9月の家計簿をご紹介!3人家族(夫婦+1歳)

こんにちは。hana(@minimal000)です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

さて10月1日から消費増税がスタートしましたね。8%から10%になったわけですが、軽減税率適用品目については8%据え置きとなるので、やや複雑ですよね。

そんな中、経産省主導の「キャッシュレスポイント還元事業」が2020年6月30日までの期間で始まっていますが、これを使わない手はないですよね!我が家もその恩恵を受けるべく家計管理や普段の支払い方法の見直しをしています。

約9ヶ月の間ですが、お得な情報をしっかりキャッチして、疲れない程度にお得な生活を取り入れていきたいと思っています。

hana
hana
それでは、今回は9月の家計簿をご紹介します♩

オススメの家計本

私が家計管理を始めるにあたり以下の本を参考にしました。

私が運命を感じた家計管理の本とは(家計管理の仕方をご紹介します)家計管理を始めるにあたり、参考にしている本・ブログ等ありますか? 我が家は2017年1月から家計管理を始めましたが、以下の本を参考にし...
created by Rinker
¥1,430
(2019/12/14 11:42:27時点 楽天市場調べ-詳細)

私は、こちらの本を熟読してから家計管理を始めました。家計管理に苦手意識を感じている方、初めて家計簿をつける方、そもそも家計管理って必要なの?などと疑問に感じている方にはぜひお手にとっていただきたい本です。

2019年9月の家計簿公開

① 収入(予算:270,000円)

夫 手取り給与 198,325円
妻 手取り給与  80,000円
臨時収入    5,000円
ネット収入など 22,216円
合計 305,541円
子ども費のお金は、2020年4月まで確保しています。当面の間、臨時収入として計上しています。

② 先取り貯金

先取り貯金 10,000円

先取り貯金は貯金専用口座に入金します。

③ 積立

特別支出 18,000円

特別支出は、年間に予測される支出を12(ヶ月)で割った金額を、毎月専用口座に入金し積立しています。

その月に使う予算分を引き出し、パスポートケースにて保管・管理し、使う時がきたらケースから取り出して使っています。

積立しておくことで、安心してお金を使うことができます。

④ 支出

    

(参考:minimal000

  予算 支出
家賃 50,000円 50,000円
電気 20,000円   6,866円
ガス   3,084円
灯油 0円
上水道   3,279円
下水道   0円
携帯(Wi-Fi含む) 19,000円 6,802円
奨学金 53,000円 53,000円
保険 14,500円 14,467円
NHK&NTT 4,000円 2,150円
新聞   3,500円  3,400円
夫 小遣い 20,000円 20,000円
妻 小遣い   5,000円 5,000円
合計 189,000円 168,048円

6月末に大手キャリア携帯を解約し、楽天モバイルに乗り換えたんですが、これが大正解!

速度が遅くなる時間帯はありますが、使っていて不便はないですし、自宅ではWi-fiを使っているので不自由さはありません!強いて言うなら地下鉄やトンネル時は速度が遅いなと感じますが、ずーっと乗っているわけではないので気になりません。

料金は夫婦で約2,000円〜3,000円ほど。楽天のポイントが貯まっていればポイント払いにしているので、お金がかかっていません!Wi-fi料金のみ支払っているので、楽天モバイルに乗り換えてから固定変動費が大幅に削減しました!

⑤ 支出(やりくり費)

(参考:minimal000

9月はNMD(ノーマネーデー)が19日間ありました! NMDの日にはダイソーで購入したシールを貼ることでモチベーションアップにつなげています。

我が家は週末に翌週の買い出しをして下味冷凍&作り置きおかずを作り、平日に足りないもの(主にパンや果物)を購入しています。

事前にしっかりと献立を決めてからまとめ買いをすることで、無駄遣いが減りました。必要なものだけを買えば良いので、ダラダラと食品を見ることも減りました!時間を有効活用できています。引き続きこの方法でやりくりをしていきます。

支出結果は下記の通りです。

  予算 支出
食費(1週目) 28,000円  1,516円
食費(2週目)   4,661円
食費(3週目)   4,350円
食費(4週目)   7,815円
食費(5週目)     0円  
  合計 18,870円
日用品 20,000円  537円
外食・レジャー   10,930円
ガソリン   5,000円
  合計     16,467円
子ども   5,000円         0円
合計 53,000円 34,809円

下味冷凍や作り置きおかずのおかげで、最近は食費がぐっと抑えられています。予算は28,000円ですが、5ヶ月連続20,000円以内におさまっています。

下味冷凍や作り置きおかずについては、Instagram( @minimal000 )でタイムリーにご紹介していますので、ご覧いただけると嬉しいです。

(参考:minimal000

子ども費は、11ヶ月連続0円です。

ポイントサイトで貯めたポイントを一部Tポイントに交換して、ウエル活でオムツなどを購入しているのでお金がかかっていません。(ウエル活は家計に大助かり!)

また出産のお祝い金の一部を別途「子ども積立」として積立してあるので、今後大きな出費があった際は、そちらからお金を使ったり、貯めてある商品券で購入する予定です。

ポイントサイトで貯めるポイントは不確実なところがあるので、子ども予算は完全になくすのではなく、現状通り確保し余った分は子ども貯金にあてていきます。

食費や日用品が0円!?ウエル活の仕組みとは?みなさん、こんにちは。hana(@minimal000)です。 今日はウエル活の仕組みについてご紹介します。 インスタグラムで ...

ウエル活は、本当に家計に大助かりです。ウエルシア・HACドラッグがある地域にお住いの方は、是非オススメしたい節約術です。

⑥ 貯金および積立

余剰金貯金 13,325円
余剰金子ども貯金 0円
残し貯め貯金 11,000円(+10,000円)  
残し貯め子ども貯金   5,000円
支払い口座    △20,952円
小銭貯金     2,191円
ネット収入 貯金 22,216円
合計 74,684円(+10,000円)

残し貯め貯金の+10,000円は、「polletカード」というカードを使用した分を貯金にまわせた金額です。polletはプリペイド式のカードで、ポイントサイトで貯めたポイントをpolletカードにチャージして使っています。

9月はpolletカードで10,000円分支払いました!本来現金で支払うべきだった10,000円が浮いたのでその分を貯金にまわしたということです。

ポイントはれっきとしたお金です。ポイントサイトで貯めたポイントは現金に換えたりするのはもちろん、様々な電子マネーに交換することができるので、生活に潤いを与えてくれます。

ポイ活の基本ガイド!登録も退会も無料。リスクは0です! 「ポイ活」と聞いて何を思い浮かべますか? 初めての方は「怪しい...。」と思うかもしれません!結論から申し上げると、全然怪しくあり...

特別支出

  予算 支出
父 誕生日 5,000円 5,000円

特別支出は、予算立てできるものは予算に組み込んでいるので、急な出費でも焦らずお金を用意することができています。

特別支出も予算を組んでおけば、怖いことはない!hana家では、前年に翌年の特別支出の予算立てをして、計画的にお金を使えるようにしています。→特別支出の予測は必要なのか? 特別支出と...

収支結果

①ー(②+③)ー(④ー⑤)=⑥
△74,684円(+10,000円)

まとめると以下の通りです。

(参考:minimal000

まとめ・気づき

楽天モバイルに乗り換えてから、かなり固定変動費が削減できています。

大手キャリアの契約関係と手続きが面倒だなと思っていたこともあり、乗り換えるまでに数ヶ月かかりましたが、乗り換えて大正解!解約手数料を支払ってでも早く乗り換える価値はあると思っています。(これからは大手キャリアの解約手数料も減りますので、乗り換えたいと思った時点で乗り換えるのがオススメです!)

昨年始めたポイントサイトの利用で、貯金にまわせる額が増えています。polletカードの他に、kyashカードも併用しながらポイント還元の恩恵も受けています。

2019年7月副業収入公開します。副業が本業の収入をはるかに超え、7月は30万円を超えました!副業はポイントサイト、フリマアプリ、ブログ収入がメインのネット収入です。ポイントサイトは誰にでもポイントを稼ぐことができますし、家計に助けになるのでオススメします!詳しくは記事内にてご紹介しています。...

ポイントはれっきとしたお金だなとつくづく実感します。

節約も大事ですが、今より収入を増やしていけるように資格取得や、仕事の幅も引き続き広げていきたいなと考えています♩

Instagramでは料理レシピを発信中!

Instagram(@minimal000)ではタイムリーで下味冷凍や作り置きおかず、またお得情報も随時ご紹介していますので、ご覧いただけると嬉しいです。

ブログよりも更新しているので、ぜひ見にきてください^^

次回は、財産目録をご紹介します。そちらで貯蓄額や積立についてもお知らせします。