物をもつ基準は、その物の価値を理解すること

ミニマルな暮らしで、心も身体もすっきりとできれば嬉しいですよね。
「必要な物だけで、ミニマルに生きる。」
必要最低限の物で、最大限に人生を豊かにすることができたら、私は幸せです。現に、そうなれるよう毎日楽しみながら過ごしています。

ミニマルな生活を送ればムダなお金を使わなくて良いですし、本当に自分に必要な物たちだけで暮らせます。ムダな物を排除するだけで家の中はもちろん心にもゆとりとスペースができます。

スポンサーリンク



そんな生活を目指し、「どんな物に囲まれたら、幸せに感じるか。家族が幸せでいられるか。」と、常に考えています。

あなたはどのような暮らしを求めていますか?
今回は、物をもつ判断として大事になる「価値」についてお伝えします。

1.物をもつ基準は何ですか?値段?価値?

私は、価格よりも「価値」を重要視します。ある高い物が不要になったとしましょう。「これ高かったから、処分するのもったいないな」と考えてしまい、なかな処分できないものがあるのではないでしょうか。私も昔はそうでした。ですが、今は違います。

「もういらない」と判断したものはたとえ値段が高かったとして「価値」なくなったものなので手放します。

私はその物の「価格」ではなく「価値」を大事にしています。

important.jpg

(1)価値とは

価値とは、ある物やサービスが自分にとってどのくらい重要で役立つかということです。

ある人にとっては価値のある物・サービスでも、ある人にとっては価値がないこともあります。つまり人によって異なるのです。意見や考えが他の人と100%でなければ、同じ価値観を見出すことは難しいです。生きてきた環境、人間関係、生活環境など様々な要素で私たちが持つ意見や考えは変化します。

ですので、人に自分の価値観を押し付けることは良くないですし、落ちつけられた相手は不愉快になってしまいますよね。人によって価値観はバラバラですので、そこは注意しましょう。

(2)価格とは

価格とはある物やサービスのもつ値打ちを指します。
貨幣の単位と数字で価格は表され、その物やサービスが欲しければお金を支払って手に入れますよね。ここで「価値」と異なるのが、価格は人によって左右されないということです。
ある物の価格が300円なのに、違うところでは500円。なんてことはありませんよね。一定の数字で表されるのが価格です。

(3)両者の違い

価値は、その物やサービスが自分にどのくらい重要で役立つもの。
価格は、その物やサービスが「○○円」と、数字で値打ちを表すもの。
ということになります。
価格は数字で表せますが、価値は数字で表せません。

2.ミニマルな生活を目指すなら価値を見出す

両者の違いがわかった上で最初に戻りましょう。

私は、価格よりも「価値」を重要視して物をもつとお伝えしていますが、価格を重要視してしまうとどうなるでしょう。

不要な物をずっと捨てられずにいることになります。
「これ高かったから、処分するのもったいない
「私はいらないけど、誰か使うかもしれないし」
と、その物の価値がないのに、価格を重視してしまうので「もったいない」という考えがつきまとうのです。これではずっと物は減りません。

むしろ増える一方です。捨てられず物だけが増えていく環境になってしまいます。
そうならないために、物に対しての「価値」をはっきりとさせましょう。
価値がないと判断したものは、高かろうが安かろうが、もうあなたには価値がないものです。維持している方が心身共に疲れますので、手放すよう努力してください。

ミニマルな生活を送るには、その物の「価値」をしっかりと見出せ、必要・不要かをはっきりと判断できる力が必要です。
不要と判断するものが多ければ、自然と自分のライフスタイルはミニマルになります。

自分が「ミニマリスト」であるという基準も、実はその他の人にとっては違うこともあります。○○個もっていればミニマリストという表現はできませんので、その人のミニマリストの価値によって表現されます。

自分の価値観を大事にしていきましょう。
そうすれば、どんな暮らしが合っているのかとおのずとわかってくるはずです。
不要な物に自分の心や身体を占領されないよう、大切なものを大切にしていきましょうね。