新婚夫婦の貯蓄額をアップさせるコツとは

結婚が決まったらお金はたくさんかかります。結婚する上で必要なことをざっと挙げてみました。今は結納をしない人も多いと聞いています。以下に挙げたことが必須ではないとしても、お金が必要な場面は出てきます。

・結納
・両家顔合わせ食事会
・結婚式、披露宴
・ハネムーン
・新居生活のためのお金(家、家具、生活必需品など)

独身時代からしっかりと貯蓄をしてきた方は、これらの行事が終えても貯蓄が残っているかもしれません。親からの援助があれば、貯蓄が減ることもないかもしれません。

しかし一方私の周りの方々の話を聞くと、みんな口をそろえて「お金が消えた!」「貯蓄ほとんど0」と言っているのをよく耳にしていました。今回は、新婚夫婦の貯蓄額アップのためのコツをご紹介します。

スポンサーリンク


夫婦のお金事情について話し合う

新婚生活がはじまったら、夫婦のお金事情について話し合いましょう。

・現在の貯蓄額
・月額・年額の収入額
・借金があるのか(奨学金返済、マイカーローンなども立派な借金になります)

など、お金に関することは必須です。

独身時代では1人で解決してこれたことも、夫婦になれば「パートナー」という相手が存在します。自分だけが知っていれば良いというような情報でも、相手に伝えてこなかったせいで、何か問題になることが出てくるかもしれません。

貯蓄がなければ、これからどうやってお金を貯めていくか、マイホームや将来子供ができた時のためにも貯蓄を増やしていくことが必要ですよね。まずは夫婦でお金事情について話し合うことが1番大切です。

夫婦の働き方を考える

次に、働き方について考えます。将来子供ができれば、妻が仕事を退職するか、短時間勤務に変えるかなど、毎日フルタイムでびっちり働くのは厳しくなってきます。出産後すぐは安静にしていなくてはいけませんし、母乳をあげなくてはいけません。妻の収入が減る一方、家族が増えるので支出は増えていきます。一時金で一時補えたとしても、人によっては数ヶ月、数年と仕事をお休みする可能性もあります。

子どもが産まれる前は収入が2人分あるため、家計に余裕を感じてしまうこともあります。しかし子どもを授かると少しずつ生活は変化していきます。どんな状況になっても困らないように、早いうちから夫婦の働き方についてイメージをしておくと良いでしょう。

子どもが産まれても安心して暮らせる環境をつくる

子どもが産まれたら支出が増えます。家庭によっては収入が2人分から1.5人分、1人分と減りますし、やりくりを考えなくてはいけません。独身時代、新婚時代など子どもを授かる前にしっかりと貯蓄をしておくことが大事ですが、結婚のためにお金を使い果たしてしまっている人もいるはずです。使ったことを後悔しても戻ってくるわけではありませんし、幸せのためにお金を使ったのであれば、次に進みましょう!これからお金を蓄えていけば良いのですから!

子どもが産まれた後も安心して暮らしていくためには、夫婦で協力し、きちんとした家計管理、お金が貯まる生活の仕方を考えなくてはいけません。
子どもに不自由な思いをさせないためにも、お金についての話、働き方についての話はしっかり行いましょう。

家計の見直しポイントを精査する

貯蓄アップを目指すためには、家計の見直しをしていきましょう。家計の見直しをするためには、まずは家計管理ができていなくてはいけません。家計簿をつけている方は、ムダ使いをしていないかを精査してください。

例えば、下記のようなものが挙げられます。
・毎週ほとんどが外食
・レジャー費・娯楽費などの支出が多い
・毎日のようにコンビニに通ってします
・嗜好品にお金を使うことが多い
など、少し抑えられればお金は貯まります。毎日のちょっとした節約ややりくりの工夫によって塵も積もれば大きな金額に変わります。

貯蓄額を少しでもアップできるようムダ使いかなと感じることも見つめなおしましょう。<関連記事>hanaは参考にした本があります。そちらの本をもとに家計管理をしています。→運命を感じた家計管理の本とは
①年間支出額の出し方については、こちらから→2016年の年間支出額発表
②特別支出の算出方法については、こちらから→2017年の年間特別支出発表
➂収入予算、ボーナス支出予算については、こちらから→2017年の予算、ボーナス支出予算発表
➃予算立ての手順と予算については、こちらから→予算立ての手順と、2017年の収支予算発表
➄予算がオーバーしてしまったときについては、こちらから→予算オーバーしてしまったときに考えるべきこと
これから家計管理を始める方は、是非参考にしてください♪

抑えられるところは抑え、貯蓄アップにはげむ

精査したら、あとは貯蓄アップにはげむだけです!楽しむところは楽しみ、抑えるところは抑える。共働きで子供がいないうちに、お金を貯め、変化するライフスタイルに対応していきましょう。

毎月給与がはいったら、先取り貯蓄をするとお金も貯まりやすいですよ!共にがんばりましょう♪