ミニマリストへの道

思い入れのあるものも、使えなければ処分する~ミニマリストへの道(12)~

私は昔から髪が長く、コテを愛用しています。ストレートヘアを楽しむときもありますが、少し癖のある髪のニュアンスを出したくて、コテを使い続けています。

高校生の頃に買ったヴィダルサスーンのコテ。クルクル巻いてみたり、ゆるめに巻いてみたりオシャレを楽しみ、青春時代の私にはなくてはならない存在でした!
しかし、時が経ち、コテの調子が悪くなったのです。(10年ほど使っているので、だんだんと壊れてきますよね…)

思い出のコテでしたので、捨てるのには「写真やアルバム、手紙」などと同様に勇気がいることでした。

スポンサーリンク


処分したコテ

こちらです。

とても使いやすいコテでした。数日前に、温度の調子が悪く、全然温まらなくなったのです。「もしやこれは故障??」と思い、勇気はいりましたが処分する決意をしました!!

「これ使っていて大丈夫かな?」は処分のサイン

今回コテをご紹介しましたが、コテに限らず日用品、家電製品など普段使っていて「これ使っていて大丈夫かな??」というモノが出てくることってありますよね。

・適切に作動しない
・適切に作動しないけれど、途切れ途切れには使える
・一部の機能だけ使えない

など、完全な状態でなくなる時が出てきます。消耗品であれば尚更です。

そんな時は代用品や新たに違うモノを購入すると思いますが、私がここで伝えておきたいことは「ダラダラととっておかないこと」です。ダラダラと「あ~使えないかも。でも一部使えるしとりあえずとっておこう!」だと、ズルズル不要な物を使うことになります。例えば家電製品で不完全な状態で使用していると危険ですし、ケガにもつながります。「使っていて大丈夫かな・・・=不要、危険、処分どき」だと考えると良いです!

消耗品であれば寿命があって普通です。不完全な状態のモノを長々と使い、結局二度手間やムダな時間を過ごしてしまうのであれば、思い切って処分するのが賢明です。

まだ使えるもので、「もう我が家にいらないかも…」はフリマアプリへ

・これは誰かに使ってもらいたい
・売ってお金を生み出したい

というモノがあれば、フリマアプリを使うこともあります。→【売上金公開!】人気フリマアプリで不要なものを売ってお金を生み出す~メルカリ、ラクマ、フリル~

フリマアプリは売れれば、発送などの手続きで手間はかかりますが、お金を生み出せますし、使ってくれる人のところに渡るのであれば嬉しいですよね。しかし時間がない時、早く処分したい時などは、捨てることもよくあります。特に小さいもの、売っても仕方ない物っていうのもありますよね。そういう物は、じゃんじゃん捨てています。

私は処分する基準として、
・使えるかどうか
・必要か不要か
・家族の幸せな暮らしとは
・どのようなモノに囲まれていたいか

を、ゆっくり考えて判断しています。

ゆっくりリラックスして考えることで、自分の考えがまとまってきます→ミニマル思考を考えるうえで心掛ける3つのこと

不要な物を、「もったいない!」「まだ使えるかも!」という気持ちで、家の中に溜め込んでしまうのは残念です。不要だと判断したものは、気持ちよく「ありがとう!さようなら。」という気持ちで送り出しましょう。気持ちも前向きになり、心地よい暮らしが待っていますよ。

捨てることでどんな世界が待っているのかを想像すると、ワクワクします。これからも必要な物だけに囲まれた生活を求めていきます♪