ミニマリストへの道

大量にあるタオルの使い道とは~ミニマリストへの道(10)~

家の中にタオルって結構溜まりませんか?結婚祝いや頂きもので気づいたら大量にタオルが増えていることってあると思います。

そんなhana家も沢山のタオルがありました。今回は、タオルを処分できて、家もキレイになる方法をご紹介します。

我が家のタオルたち

以前の我が家には、こんなにも沢山のタオルがありました。夫と2人暮らしなのですが、確実に多いですよね。洗濯している物もあったので、合計22枚のタオルがありました。

バスタオルはもちろんのこと、ハンドタオルが結構溜まるんですよね。お祝いごとや粗品で頂くことが多いのですが、こんなにあっても普段使わないんですよね。
そのまま捨てることはできますが、何かに活用できないかなと考えました。

スポンサーリンク


処分する前に、雑巾として活用!

そんな中考えたのが、「雑巾」として使うことです。雑巾用のタオルとしてわざわざ購入する手間も省けますし、お金の節約にもなります。

キレイなタオルをいきなり雑巾として使うのは少し気が引けますが、床拭き、窓拭きなどあらゆる場面で使えます。hana家では、よく窓を拭いたり、靴箱を拭いたりと週に1度は必ず部屋の中を大掃除並みに掃除するので大活躍なんです。

洗って再利用することも可能ですし、汚くなれば1枚使い切りとして使うこともできます。キレイなタオルを雑巾として使うことは気が引けますが、キレイなタオルで掃除すれば、なんだかさらにキレイになったような気にもなるんです♪
考えようですが…(笑)

お金も節約

雑巾をわざわざ買う必要がないので、節約につながりますよね。雑巾を買ったとしても2枚入りで数百円程度かかるのではないでしょうか。掃除を頻繁にされる家庭であれば、雑巾にかかる費用もばかになりません。塵も積もれば結構な金額になります。

タオルが余っているのであれば、是非雑巾として活用してみてください。費用も抑えられますよ。

家もキレイに

費用も抑えられる上に、家がキレイになるので一石二鳥ですよね。家を掃除する道具も工夫次第で、どうにだってできます。

今回はタオルでご紹介していますが、洗剤も我が家では色々と工夫しています。重曹クリーナーを活用させたり、クイックルワイパーも裏表使ったりと、かなり工夫しながらケチっぽくなりながら掃除しています。
消耗品だからこそ、工夫が必要だと考えます。工夫次第で色々な用途に使えるのであれば使っていきたいですし、1つのもので代用できるのであれば、嬉しいですよね。

タオルも綺麗なモノだけに使うのではなく、使い方次第で多くのことに活用できます。あらゆる知恵を絞って、生活が成り立ち、家計の手助けにもなればハッピーですよね!