お金を貯める

お金や時間をムダにしないための情報とは

毎月のやりくり…。
「これで合っているのかな」
「どうしてお金が貯まらないんだろ」
「色々な情報を得るしかない!」
と無作為に情報を得ようとしたりしていませんか?

hanaは、家計管理を始める前は、本、WEB、有名ブログなど、沢山の家計管理やミニマリストになるための情報を得ていました。時間があれば、スマホやインターネットをチェックし、本を読みあさりと時間を沢山使っていたのも事実です。

しかし、今の時代必要以上の情報がありすぎて、翻弄されて浪費してしまう人が増えています。「色々な情報がありすぎて、どれが良いかわからない!」「結局時間だけが過ぎていった」など、知らないと損することもあれば、うっかり損することもあります。情報は全て得ようとするのではなく、自分や家庭にあった情報のみを選び取る力が大事だと考えます。<関連記事>誘惑な情報から逃れると断捨離が身近になります!→誘惑な情報から逃れると、断捨離をもっと身近にできる

スポンサーリンク


とりあえず検索をやめる

私もひと昔前、「とりあえず検索」をやっていました。とりあえず興味があるから検索してみる。少しの時間ができれば、スマホ片手に色々と検索していました。しかし、その少しの時間で得られる有益な情報は限られています。例えば30分のすきま時間に検索したとしましょう。気づいたら、興味あることを検索していたはずなのに、うっかり関連商品を買っていたり、違う情報に飛んでいたり…。すきま時間での検索は「とりあえず検索」が多いので、控えるべきです。

情報を得たいのであれば、しっかりと時間をとり集中することが重要です。そうすれば必要な情報を一気に得ることができますし、時間のムダも防げます。とりあえず検索をしてしまえば、一旦情報収集を中断しなくてはいけなくなるので、また再度調べる直す必要も出てきます。情報を得たいのであれば、まとまった時間を確保できるときに一気に行いましょう!

 

新聞を有効活用する

新聞を読んでいますか?我が家では新聞は欠かせません。新聞代が毎月約3,000円かかりますが、それ以上に得られることがあります。

・新しい税制、社会情勢を理解できる
・ポイントカードのお得情報を入手できる
・貯蓄に役立つマネー本の情報を入手できる
・折り込みチラシのお得情報を入手できる
・地域や全国情報を毎日簡単に得られる
・記事を通して文章力、語彙力などが磨ける

3,000円の購読料で得られることはたくさんあります。古新聞を再利用させたり、廃品回収に出したりと、処分するだけでポイントやグッズに交換することもできますよね。

自分の考えだけでなく、他人の意見を確かめることもできますし、世間から取り残されず情報を収集できます。毎日の日課として新聞を読むだけで、必要な情報を得やすいと考えます。3,000円はいっそ安いのではないでしょうか。

情報が欲しい為に、無駄な媒体の購読料をいくつも払うよりかは、新聞代だけに絞り毎日効果的に得ることが重要です。お金や時間を効果的に使うためには、ただ単に情報を得るだけでなく、必要な情報だけを選び取る力が必要不可欠です。

毎日の限られた時間だからこそ、何からどのような情報を収集するかが大変重要ですよね。今は検索すれば必要以上の情報まで得られる時代です。気づいたら数時間経っていた!!!なんてことも避けるように、決めた時間だけ情報収集するようにするなど工夫も大切です。

情報を知らないと損することもあるので、適宜自分や家庭に合った情報を選択していく力が大事だと痛感しているhanaでした。