情報をデジタル化することで、ミニマル暮らしを

私が日ごろ心掛けている「家事をミニマルに、楽に、楽しく行うコツ」をご紹介しています。
前回までの関連記事はこちらから
ミニマルな持ち物は、家事もミニマルにする
ミニマルな暮らしには、シンプル料理が必須

今回は、情報のデジタル化について触れていきます。今の時代、情報は溢れるほどあり、自分で積極的に「情報の取捨選択」をしなければいけないとhanaは考えています。そんな私が実践している「情報のミニマル方法」をご紹介します。

スポンサーリンク


誘惑な情報から逃れる

ここで誘惑な情報とは「広告」をさします。

今は、テレビ、新聞、インターネット、雑誌、本、チラシ、DM便など、多くの媒体から得られる広告であふれています。広告から得られる情報なくして、私たちの生活は成り立たないという方もいらっしゃるかもしれません。テレビショッピングは良い例です。テレビという媒体を通して、商品を実際に使用し、消費者にとってメリットな情報を与えています。

しかし、そのような情報は全て、あなたの暮らしにとって必要な情報ばかりでしょうか?ただ欲しい・安い・魅力的などという欲だけで「暮らしに必要」と判断していることが多いです。広告によって購買意欲が刺激され、その広告にのせられて不要な物を買ってしまうことにもつながります。

購買意欲を刺激され購入してしまえば、必要なモノかをしっかり見極めず、気付いたら手元にある!なんてことにつながります。誘惑な情報からは積極的に断ちましょう。とはいえ、私たちは様々な広告や媒体から情報を得ているのも事実です。全ての広告から断ちなさいと言っているわけではありません。誘惑な情報を自ら遮断できるような工夫を生活にとりこむように努力してみてください。<関連記事>→誘惑な情報から逃れると、断捨離をもっと身近にできる

情報の取捨選択は大切です。

必要な情報はデジタル化でペーパーレスに

誘惑な情報から逃れても、生活のおいて必要な情報はあります。我が家では、なるべくデジタル化しペーパーレスにしています。

(1)家計管理はマネーフォワード

私の家計管理法は、こちらからご覧ください。<関連記事>→私が運命を感じた本の通り実践している家計の管理とは

月初めに予算表に記入し、月末に結果をまとめ、財産目録を作成します。作成したものは、ノートに貼り保管しています。それとは別に「マネ―フォワード」も使い、資産管理をしています。マネーフォワードは大変便利です。

・登録(利用)が無料なこと
・銀行口座情報がリアルタイムに取り込まれ、そのまま家計簿になる
・予算立てをすれば、お金を使えば関連費目から自動的に反映される
・支出・資産状況がグラフ化されるので、把握しやすい
・入金・出金があれば通知してくれる機能があり、残高不足の危機を免れる
・口座の引き落としは、引き落とし先の名称から自動的に費目が仕分けされる
・口座登録は10個まで(無料の場合)。有料の場合はさらに追加できるので家計にあった管理ができる
・前日比も出してくれる

など、大変役に立つ機能ばかりです。

我が家ではマネーフォワード(デジタル)で管理をし、ノートも使っています。デジタルだとペーパーレスで携帯端末、PCで簡単に家計状況を管理できるのでおススメです。ノートの良いところは、夫との共有を図るために使用しています。私が不在のときに夫がノートをみれば、現在の家計状況を知ることができるので我が家には必要なモノです。

その家庭に合った方法があります。ノートや市販の家計簿をしていてなんとなく「書くのが面倒くさい!」と思っていらっしゃる方は、マネーフォワードを使ってみてください!

今は使用していませんが、レシートの写真を撮るだけの家計簿アプリ「Zaim」もおススメです。スマートフォンでレシートの写真を撮るだけで、品目や金額を読み取り、食費・生活費と分類して家計簿に記載してくれます。書く手間は省けるのでストレスなしです。何にいくら使ったのかが一目瞭然なので、便利です。撮ったレシートはすぐに処分できるので家の中にモノが溜まりません!

(2)書類類は「Evernote」で管理

Evernoteは色々なメモやデータを1ケ所に保管し管理できるアプリです。我が家では「Scannable」というアプリで書類をスキャンし、PDFに変換しています。
必要な書類の情報って、気付けば溜まります。紙としてとっておく必要がある書類をのぞき、他はすぐにスキャンしEvernote上で管理しています。共有できる機能もあるので、夫婦に関連する情報は夫と共有しています。

また私個人として、お気に入りの雑誌の一部(切り抜き)をスキャンしまとめています。雑誌1冊、本1冊をその一部(切り抜き)のために保管しておくのは、場所をとるので好きではありません。保管しておきたいところの情報がわずかなのであれば、スキャンしてEvernoteが断然良いです。

(3)Google カレンダーでスケジュール管理

Google カレンダーは、スマホやPCからもアクセスできるWEB上のカレンダーです。家族や友人、職場の方など登録した人と共有できる素晴らしいカレンダーです。私は職場で利用したのがはじめで、大変便利だと感じました。カレンダーもペーパーレスにされたい方は、是非Googleカレンダーも使ってみて下さい。
入力・共有が簡単なところも良いです。うっかり「予定を忘れちゃった!」を防ぐことができます。

紙による情報をWEB上に保管する方法でペーパーレスにできます。紙かWEBか、両方不要なのかを取捨選択し、情報を家庭に取り込むことが必要です。情報までもミニマルにし、家事を楽に、楽しく行うのも、工夫次第です。

必要なモノだけ。必要なモノだけ。