家計管理は夢や目標を叶える1つのツールである

家計管理を始めて半年が経ちます。1人で稼いでやりくりしていた時代が懐かしいくらい、昔に感じます。それくらい夫と家計を一緒にしてから、色々なやり方を試行錯誤していたので、月日があっという間に感じるのでしょう。私が家計管理を始めるにあたって参考にした本があります。<関連記事>hana家の家計管理法!→私が運命を感じた本の通り実践している家計の管理とは

半年経って気づいたこと。
・家計管理は家族の夢や目標を叶えるための手段の1つであるということ
・家計を守ってくれる方法の1つであるということ

でした。しっかりと計画的に家計管理ができれば、着実にお金は貯まりますし、未来への安心感を得ることにもつながります。

私は家計管理が楽しくて仕方ない毎日です。最初は少なからず不安に感じていたものの、今ではそんな不安ですら楽しめる余裕が出てきました。貯蓄額を見て頂けるとわかりますが、我が家は貯蓄額が少ないです。半年経っての貯蓄額は、53、470円です。(平成29年6月1日現在)100万円貯蓄を目指している我が家ですが、その道なりが険しく遠いです。ですが、それをいつか達成できることを考えながら、家計管理をしているのが楽しいのです。

スポンサーリンク


しっかりとした家計管理は、家族を安心させる

きっちりと計画的に予算を出し家計管理をしていれば、安心感が生まれます。毎月どのくらいの収入があって、どのくらいの支出があるのかを把握せずに、ある分だけ使っている家庭は、アバウトで生活しています。「収入内におさまっていればOKでしょ。」という方も大勢いらっしゃるでしょう。確かに貯金を崩したり、借金をしなければ家計は安泰と考える方もいると思います。

しかし果たしてそれで未来まで安心できるでしょうか。我が家は収入が少ないですし、貯蓄額も少ないです。他の家計と比べて何もかも少ないのは重々承知の上ですが、家計管理を始めるにあたり、しっかりと前年の収支額を算出し、それに基づいて今年の収入支出予算、特別支出予算を割り出しています。

①年間支出額の出し方については、こちらから→2016年の年間支出額発表
②特別支出の算出方法については、こちらから→2017年の年間特別支出発表
➂収入予算、ボーナス支出予算については、こちらから→2017年の予算、ボーナス支出予算発表
➃予算立ての手順と予算については、こちらから→予算立ての手順と、2017年の収支予算発表
➄予算がオーバーしてしまったときについては、こちらから→予算オーバーしてしまったときに考えるべきこと
➅運命を感じた本の通り実践している家計管理法については、こちらから→私が運命を感じた本の通り実践している家計管理とは

この作業をしたおかげで、今では予算オーバーをしたことがありません。光熱費がぐーんとあがる月。食費がかさみやすい月。旅行に行きやすい月。など些細なことかもしれませんが、前年の収支額を見れば一目瞭然です。このような些細なことを今年の予算の組み込めば、計画的に家計管理ができるのです。

一方、しっかりと計画をせず行き当たりばったりの家計管理では、その月その月で必死にやりくりしているうようで、そのまま数年、数十年と同じやり方で安心できますか。例えば、結婚、出産、マイホーム、子どもの学費、介護…など、出費が多いイベントは多々あります。そのお金がどのように捻出しますか?アバウトに貯めている貯蓄から一気に出しますか?

100人いたら100様のやり方があるので、正解はありません。自分たちが合っているやり方で行うのが一番良い方法です。ただ、しっかりと計画をした上で行う家計管理であれば、安心感をもたらすことには変わりないでしょう。

何をするにも「安心感」があれば落ち着きますよね。計画的に管理していくためには、自分たち家庭の事情、収支状況をきちんと把握することが大事です。浪費家なのか、節約家なのか、何を大切にしているのか、欠かせない支出費はあるのか…など事細かく理解することが大事です。

楽しんで安心して家計管理できるよう、今一度基本に振り返ることも大事ですよね!