ミニマリストとはどんな人?

最近、じわじわと人気急上昇ワードになっている「ミニマリスト」。皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

私は、自分のことを「ミニマリスト」と呼んでいます。物質的な豊かさに幸せを求めるのではく、本当に自分を幸せにしてくれる物(目に見えるもの、見えないものの双方)で心からの豊かさを求めています。

ではここから、言葉の意味から「ミニマリスト」についてみていきましょう。

スポンサーリンク


ミニマル、ミニマムとは

私の電子辞書によると・・・

◆ミニマル(minimal)

1.最小(限度)の、極小の
2.ミニマルアートの

◆ミニマム(minimum)

1.最低限、最小限
2.最低量[数、点]
3.(形容詞で比較として)最小[最低]限の

とあります。巷では、「ミニマル」、「ミニマム」と一見同じような意味で出回っている言葉ですが、辞書をひけば、意味は似ていても微妙に表現が違いますね。
少し英語を勉強しているので、もう少しことこまかに。

「ミニマル(minimal)」は、最小、極小とあるように “できるだけ少なく” という意味ですが、単なる “少ない” という意味でも使われます。それに対し、「ミニマム(minimum)」は、最低限、最小限とあるように “必要最低限、最小限” と、「ミニマル(minimal)」よりも “少なさ” を表しています。約束ごとや法律など、決まっている事柄に対してよく使うことがあるとお伝えした方がわかりやすいでしょうか。

例えば・・・
minimal wageと言えば、(ギリギリその給料でも働けるという)最低賃金を指すのに対し、minimum wageとなれば、法的な最低賃金ということになります。(感情や意思の重要性は低い)
言葉から意味を調べると、奥が深いですよね。

simple life.jpg


さて本題!

ミニマリストとは

2つの言葉の意味がわかりましたね。それでは「ミニマリスト」とはいったい・・・

どっちの言葉からきているの?となりますよね。
hanaは「ミニマリストは、必要最小限の物を持って、最大限に人生を豊かに暮らす」人と定義しています。

持ち物をできるだけ必要最小限にし、自分にとって本当に本当に必要な物(目にみえるもの、見えないもの)だけを持つことで、最大限に人生を豊かに暮らす人。
大量生産・大量消費の現代社会において、お金を払えば色々な物が手に入り、手放すことも簡単ですよね。便利な世の中ではありますが、物質的な豊かさで幸せを感じるのではなく、自分のライフスタイルにあった物だけで暮らしていく・生きていくという考えに基づいたライフスタイルを目指している人が「ミニマリスト」です。ですので、「最小限の」という意味の「ミニマル(minimal)」から派生している言葉ということになります。

ここで注意しておきたいのが、「単に持っている物が少なければ良いのか(個数にこだわる)。家にあるほとんどの物を捨てて暮らせば良いのか。」と、数にこだわったり、極端になんでもかんでも捨てれば良いというわけではありません。

自分が自分らしく、居心地がよく、幸せでいられるような暮らしを目指すこと。「自分はどうしたら本当に幸せなのか」「どういう物(目に見えるもの、見えないもの)に囲まれたら幸せと感じるのか」と常に自問自答し、ミニマリストとしてのライフスタイルを確立していくことが大事です。

まずは、目の前にある自分を縛っている物や事柄から手放していきましょう。