2019年11月の財産目録をご紹介します!(30代夫婦+1歳)

こんにちは。hana(@minimal000)です。

前回は2019年11月の家計簿をご紹介しました。

2019年11月の家計簿〆ました!3人家族(夫婦+1歳)楽天モバイルに乗り換えてから固定変動費が大幅に削減できています。来年からは予算を見直して、貯金や積み立てに回す金額を増やそうと計画中です。我が家は月に1度お金をおろし週予算で生活しています。週末にまとめ買いをし、下味冷凍や作り置きおかずを作ることで食費も抑えられています。...
hana
hana
今回は、2019年11月の財産目録をご紹介します。我が家は家計簿をつけて終わりではなく、毎月お金の状況を確認するために資産と負債の確認もしています。

財産目録は会社や団体だけでなく家庭にも用いることができます。財産目録は資産と負債を管理することができるので、お金の状況を把握するにはオススメです。我が家は負債が多いので財産目録を作成し少しずつ負債が減るのを見るのも毎月の楽しみでもあります!

財産目録とは

財産目録は年に1度だけ作成される方もいらっしゃるかと思いますが、我が家は負債が多く、こまめに管理することで資産と負債の推移をじっくり見ることを目的としているので、毎月作成しています。

財産目録とは

一定時期における企業の資産と負債について、個別的に価額を付して記載した明細表のこと

出典:辞書(デジタル大辞泉)

言葉だけを聞くと難しいように感じますが、簡単に言えば、「資産と負債表」です。
 
 
毎月の財産目録を用意して資産管理をする家計を管理していく中で、家計簿をつけている方は多いと思います。 我が家も、前年の収支実績を出し、特別支出の算出、年間の収入予算、ボ...

財産目録の重要性

毎月のやりくりで「今月は予算内におさまったから大丈夫」「今月は〇〇円貯蓄できた」とその月に焦点を当てて家計管理を見直すことも大事ですが、資産と負債の推移も常に把握することで、「貯金が多いと思っていたけど借金がまだまだ多いな、よし固定変動費の削減をしよう!」と家計管理を改めて見直すきっかけにもつながります。

月次の予算・支出管理だけですと、どうしてもその月だけに焦点を当てがちになります。貯蓄が多くても、実は負債(住宅ローン返済費用、奨学金返済、車のローンなど)が貯蓄額より多くなっていることもありますし、そういう状況を把握するためにも財産目録は役立ちます。

月末に資産と負債を明記し、年末には年間の資産と負債を確認することが非常に重要です。面倒でも毎月のお金の流れ、資産と負債の状況も把握することをオススメします。自分さえわかれば良いので簡単なものでOKですよ!

2019年11月の財産目録

① 財産

    今月分 合計
普通預金 貯金 93,799円 1,396,369円
子ども貯金 5,000円 851,283円
     
合計 98,799円 2,247,652円

② 財産

  今月分 合計
財形A   3,000円+α 236,029円
財形B α 738,409円+α
学資 10,000円 160,000円
合計 13,000円+α 1,134,438円+α
α分は年に1回の案内で正確にわかるので、毎月αとしてカウントしています。

③ 積立

  今月分 合計
特別支出   18,000円   63,000円
奨学金繰越返済     0円  444,110円
子ども   0円   165,000円
旅行 0円 90,003円
家具・家電    -30,000円    170,000円
車関連 0円   150,000円 
交際 0円  7,000円
医療 0円  9,000円
コンタクト 0円  26,000円
支払口座(繰越分) △22,713円  79,294円
ふるさと納税 0円  30,000円
特別支出(来年度) 0円 100,000円
合計 △10,713円 1,333,407円

④ 負債

  今月支払い 残高
奨学金 53,000円  1,152,000円
合計 53,000円 1,152,000円
我が家の唯一の負債は「奨学金返済」です。今のところ住宅や車のローンはありませんので、奨学金のみです。
 
2017年1月から家計管理を始めましたが、当初の負債は2,954,000円でした。
 
日々にやりくりの中から負債の返済は簡単ではありませんし、毎月53,000円の返済額は大きいですが、こうして負債が減っているのを目にすると嬉しいです。
 
2017年1月hana家の財産目録今まで家計簿を公開していましたが、財産目録を公開せずにいました。今回、2017年1月から4月までの分を公開します。 公開することで...

来年には繰上げ返済する予定なので、このペースで完済まで頑張ります。

純資産

上記①〜④のように、資産と負債を出しました。

次に純資産を算出します。純資産の出し方は、以下の計算で簡単にわかります。

資産ー負債=純資産

これを我が家の資産と負債に当てはめると以下の通りです。

((①+②+③))ー④=純資産
△3,563,497円 
先月比:△165,512円
 

2017年1月に貯蓄0円からスタートさせ、負債が多い中、現在は純資産がプラスになるまでに家計管理ができています。

貯蓄0円から今では資産が470万円越え、純資産が350万をこえました!

hana
hana
30代では少ない方だと思いますが、負債がある中でもここまで貯めることができて純粋に嬉しいです!このままコツコツと頑張ります!

(参考:minimal000

半年分の生活費は貯まったので、投資にも力を入れていきます。独身時代からは個人で株の投資は続けていますが、これからは投資信託を含めた投資を始めようと思っています!

積立は貯金としてカウントしない

貯金としてカウントするのは毎月の強制預金額(10,000円)と収入余剰金のみカウントしています。

固定変動費支払専用口座でキープしているお金や積立は、近い将来使うためのお金なので貯金としてではなく、資産としてカウントしています。

2019年12月の収入

収入(予算:270,000円)

夫 手取り給与 -円
妻 手取り給与  95,000円
臨時収入  5,000円
合計 -円
子ども費のお金は、2020年4月まで確保しています。当面の間、臨時収入として計上しています。

約1前から始めたポイントサイトの利用で、貯金にまわせる額が増えています。今はそれに加えてメルカリやラクマなどのフリマサイトアプリも使いながら在宅収入を増やしています。収入源はいくつあっても良いですよね。本業に影響しない程度にゆるく続けていこうと思っています。

日々の暮らしをお得に。オススメサイトリンク集。今は働き方は多種多様。自宅にいながらも収入を増やせる在宅収入。オススメのサイトやアプリをまとめました!...

貯めたポイントは、現金や電子マネー・他社ポイントに交換可能なので、貯金を増やせますしやりくり費の決済にも使えますよ^^

Instagram(@minimal000)ではタイムリーで下味冷凍や作り置きおかず、またポイ活について載せていますので、ご覧いただけると嬉しいです。

それでは2019年も残り1ヶ月、頑張りましょう!