子どものこと

出産はいくらお金がかかる?第一子 妊娠から出産にかかった費用をご紹介します。

こんにちは。hana(@minimal000)です。

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

今日は第一子妊娠から出産までにかかった費用をご紹介します。

hana
hana
初めての出産はどのくらいお金がかかるのか不安ですよね。少しでもどなたかの参考になれば嬉しいので、第一子出産に際し、実際にかかった費用をお伝えしようと思います!  

妊娠〜出産までにかかるお金は約50万円〜100万円

出産までにかかる費用は、大きく分けて4つあります。

  • 妊婦検診費用
  • 出産準備用品の費用
  • ベビー用品・育児用品の費用
  • 出産費用

妊婦検診費

妊娠は病気ではないため基本的に健康保険、医療費控除の適用外ですが、妊娠期間中に欠かせないのが、妊婦検診です。順調にお腹の子が育っているか、母子ともに健康であるかなど、様々な検診を行い経過状況を確認していきます。

だいたい1回の検診で5,000円〜10,000円ほどかかります。特別な検査の場合は1万円を超えることもあります。

妊娠初期・後期は週1〜2回のペース、妊娠中期は月1〜2回のペースで妊婦検診がありますので、一般的に出産までに合計14回の検診があり、費用は10万円ほどかかります。

hana
hana
高額な費用がかかりますが、ご安心を!自治体では妊婦検診の助成を行ってくれます! 

妊娠10週に医師からもらえる妊娠届を提出すれば、「妊婦健康診査受診票」という綴りになっている受診票がもらえます。金額は自治体によって異なりますが、基本的に受診票をもらったら0円で検診を受けられますが、病院によっては差額を支払わなければいけない場合があります。

hana
hana
総合病院や市民病院に比べて、個人病院は高いことが多いです。14回も検診があれば、少額の差額でもトータルでみれば大きな支出に。事前にしっかりとリサーチすることをオススメします!

出産準備用品

出産準備用品とは、妊婦が必要とするものです。

  • 衣類
  • 葉酸・鉄サプリ
  • つわり対策グッズ
  • 母乳パッド・お産用ナプキン など

これらは妊娠中、必要に応じて購入することになります。

妊娠中はお腹がどんどん大きくなるので、それに合わせた衣類が必要になってきますし、妊娠初期に摂ると良いとされている葉酸や妊娠中期で足りなくなるを補うサプリメントの摂取も勧められます。

色々揃えると、出産準備用品は5万円以上かかると言われています。

 



ベビー用品・育児用品

出産準備用品とは別に、生まれてくる赤ちゃんのためのベビー用品や育児用品も必要になります。
 
  • ベビー服
  • 寝具・バスグッズ
  • オムツ
  • チャイルドシート・ベビーカー・抱っこ紐などのお出かけグッズ など
産後1ヶ月は外出することはあまりありませんので、必要なものはそんなに多くありません。
 
もし出産までに準備が思うように進まなければ、生まれてからその都度必要なものを購入する手もあります。
 
お金をかけようと思えばいくらでもかけられます。ベビーブランドで揃えたい、片っぱしから必要だと思ったものは揃えたい、など人によって様々です。
 
第一子であれば、お下がりもあまりないので一から揃えることも多いでしょう。
 
だいたいベビー用品・育児用品は、10万円以上かかると言われています。

出産費用

一番お金がかかるのが、出産費用です。

出産費用は、どんな産院を選ぶか、分娩方法にするか、サービスを追加するかなどによって異なります。

国から一人当たり42万円が支給される出産育児一時金で補えるか、補えないで差額分を支払うかは一人一人異なります。

出産育児一時金

出産育児一時金とは、一児につき国から42万円が支給されるお金のことです。

産科医療補償対象外の場合、妊娠22週未満での出産、死産は、40.4万円の支給です。

胎児の人数分支給されるので、双子や三つ子の場合は2人分、3人分と支給されます。支給される条件は、健康保険に加入していること(本人・扶養家族)と、妊娠85日(4ヶ月)以上で出産することです。

出産は健康保険の適用外になるので、このように国から助成してくれます。

出産育児一時金の手続き方法は、2通りあります。

  1. 病院側が保険機関と直接やり取りをしてくれる「直接支払制度」「受取代理制度」
  2. 自分で行う「産後申請方式」

直接支払制度は、病院側が用意する同意書に署名するのみなので非常に楽です。

受取代理制度は、受取代理用の申請書に医師の証明をもらい、出産予定日の2ヶ月前以降に健保組合へ事前申請をします。直接支払制度に比べて手続きが多いのが特徴ですが、こちらはあまり導入されていません。

産後申請方式は、産後申請用紙、産院と交わした合意書、分娩・入院費の領収書を揃えて、加入している健康保険へ提出をしなければなりません。手続きが多いので、申請漏れを防ぐには直接支払制度が簡単だと言えます。

出産費用の平均は約49万円

平成26年度厚生労働省保険局の発表によると、入院・分娩にかかる費用は全国平均で約49万円です。

これに加え、妊婦検診費用や出産準備費用もかかるので、妊娠出産には大変なお金がかかります。

都道府県別による出産費用

都道府県別では下記の通りです。

都道府県

平均値(単位:円)

都道府県

平均値(単位:円)

都道府県

平均値(単位:円)

北海道

427,536

石川県

456,037

岡山県

479,016

青森県

424,054

福井県

453,697

広島県

475,611

岩手県

450,152

山梨県

477,026

山口県

426,973

宮城県

517,394

長野県

492,076

徳島県

457,491

秋田県

439,574

岐阜県

474,691

香川県

434,345

山形県

486,012

静岡県

481,314

愛媛県

441,567

福島県

461,714

愛知県

497,657

高知県

415,006

茨城県

496,986

三重県

489,252

福岡県

459,253

栃木県

525,763

滋賀県

471,587

佐賀県

430,704

群馬県

492,802

京都府

473,349

長崎県

446,221

埼玉県

511,750

大阪府

492,944

熊本県

411,449

千葉県

492,400

兵庫県

493,542

大分県

422,215

東京都

586,146

奈良県

479,864

宮崎県

420,879

神奈川県

534,153

和歌山県

443,955

鹿児島県

426,711

新潟県

486,386

鳥取県

399,501

沖縄県

414,410

富山県

457,650

島根県

453,170

全国

486,734

参考:都道府県別の平均的な出産費用について(平成24年度)

最も出産費用の平均が低いのは鳥取県で、高いのは東京都です。また宮城県、栃木県、埼玉県、神奈川県は出産費用の平均が50万円を超えています。

しかしこれは、あくまでも平均です。

無痛分娩の場合はさらに費用がかかりますし、帝王切開による出産の場合は入院日数が長くなるので、さらに費用がかかるでしょう。

さらに入院時の部屋を個室か大部屋かによって値段も変わりますし、エステ・マッサージなどのサービスを追加すればさらに高くなります。

妊娠・出産にかかった費用

平均費用を見てきたところで、次に私が第一子妊娠から出産にかかった実際の費用をご紹介します。

私のケース(里帰り出産)

  • 里帰り前:個人病院
  • 里帰り後:総合病院
  • 分娩方法:自然分娩
  • 入院日数:7日間

私は里帰り出産でしたので、里帰り前の病院と里帰り後の病院が異なりました。入院日数はだいたい6〜7日なので平均といえるでしょう。

妊婦検診費

里帰り前 妊婦検診費助成前    23,150円
妊婦検診費助成後     16,480円 
里帰り後 支払い分    26,930円
後日還付金 18,400円
実質支払い 合計 48,160円

里帰り前は個人病院に通っており、妊婦検診費の補助券を使用しても毎回2,000円ほど支払がありました。妊娠が確定する助成前は、妊娠検査など特別な検査もありましたので、1万円を超える支払いもありました。

里帰り後は総合病院に通っておりましたが、妊婦検診費の補助券が使用できませんでした。そのため一度自腹で全額病院に支払ってから、産後還付の手続きをしました。

金額をみていただくとわかりますが、全額還付ではありませんでした。妊婦検診費の補助券は14枚綴りでしたが、補助券1枚の助成額の上限支給額が決まっていますし、自治体によっても異なります。病院によってかかる費用もバラバラなので、助成金額の上限を超えた場合は、実費となります。また通常妊婦検診は14回ですが、15回を超える場合も実費となることがほとんどです。

hana
hana
里帰り出産を考えている方は、事前に補助券が使えるのかを確認しておくと安心かもしれません。使えない場合は、産後還付の手続きが可能なのかもお住いの自治体に確認しておくことをオススメします。その際に必要な書類も事前に教えてもらいましょう!

出産準備用品とベビー用品・育児用品の費用

妊娠してから出産前までに購入した用品の金額は、約25万円でした。初めての出産ということもあり、必要なものは全て揃えなくてはいけませんでした。

一番お金がかかったのは、チャイルドシートとベビーカーです。これらは値段の差があるのでどんな商品を選ぶかによって、費用が変わってきます。安いもので2万円ほど、高いもので10万円を超えます。

実際に私が購入したものは以下の通りです。

私が購入した出産準備用品

  • 衣類(さらし、ベルト、マタニティ用のインナー、パジャマ、その他洋服など)
  • 妊娠線予防オイル 
  • 葉酸・鉄サプリメント 
  • 入院グッズ など

入院グッズは産院によって異なります。私の産院ではボックスティッシュなども自分で用意する必要があったので、準備用品は多めでした。

私が購入したベビー用品・育児用品

  • 衣類(洋服、スタイなど)
  • 寝具・バスグッズ
  • オムツ
  • チャイルドシート・ベビーカー・抱っこ紐などのお出かけグッズ
  • スキンケア用品
  • 離乳食グッズ など

出産費用

入院料    130,000円
分娩料    190,000円
新生児管理保育料       48,000円 
産科医療補償制度掛金      16,000円
その他      44,766円
妊婦合計負担額    428,766円
代理受領額 ー420,000円
総請求額   8,766円

出産費用合計は428,766円でした。

出産育児一時金は直接支払制度にしましたので、出産育児一時金(42万円)を差し引いた額 8,766円を病院に支払いました。

産後申請方式であれば、一旦428,766円を支払わなければなりませんので、差し引いた額を請求してくれる直接支払制度は、ありがたいなと思います。

出産費用 その他の内訳

出産費用の総額は428,766円でしたが、出産費用だけですと384,000円でした。その他の部分は、深夜に診察した加算分、手術料、貸し冷蔵庫、食事代などです。これらは保険がきいたので、3割負担となりました。

私は平日に出産したので休日料金は上乗せされませんでしたが、土日祝日に出産する場合は、料金が上乗せされることも多いです。

詳しい内訳は下記の通りです。

項目 診療総額 負担額
診察料   5,900円   1,770円
手術料 59,030円 17,709円
入院料   1,200円     360円
包括診療料 73,090円 21,927円
合計 139,220円 41,770円
貸し冷蔵庫     1,156円
食事療養費       1,840円  
合計   44,766円

母子ともに無事で健康で出産を終えましたが、思ったよりも縫う必要があり手術扱いになりましたので、別途手術料が発生しました。こちらは保険がきいたので、3割負担となりました。

手術扱いなので、加入している保険会社にも申請し、約43万円の給付金がおりました。保険については別の記事でご紹介しようと思います。

 

1ヶ月健診

退院してから1ヶ月は、外出せずに自宅で安静に過ごします。新生児のお世話で大変ですが、目の前にいる我が子は大変愛おしく、一瞬一瞬がかけがえのない時間です。

晴れて1ヶ月が過ぎると、1ヶ月健診があります。

健診でかかった費用は以下の通りです。

1ヶ月健診(母)    2,500円
1ヶ月健診(子ども)支払い分    2,808円
1ヶ月健診(子ども)   還付分 ー2,600円
風疹ワクチン 支払い分    6,264円
風疹ワクチン    還付分 ー5,800円
実質支払い 合計 3,172円

私が住んでいる地域では、子どもの1ヶ月健診の補助までありました。1ヶ月健診の病院は産院と同じ病院で診てもらったので、妊婦検診同様に補助券は使えませんでした。そのため、一旦自腹で支払い、後日妊婦検診費と一緒に還付手続きをしました。

風疹ワクチンは、1ヶ月健診時に打てるということもありお願いしました。こちらは抗体があれば不要なものです。私は数値が低く、2人目も考えているのなら早めのワクチンを勧められましたので打ちました。風疹ワクチンも補助が出ましたので、還付手続きをしました。

還付分もありましたので、1ヶ月健診で支払った費用は、合計で3,172円でした。

出産費用の総額

妊娠・出産に伴いかかった総額は約73万円。出産育児一時金や給付金のおかげで、約12万円のプラスでした。

項目 費用
妊婦検診費 実質支払い分   48,160円
出産準備用品とベビー用品・育児用品の費用 250,000円
出産費用 428,766円
1ヶ月健診費用 実質支払い分     3,172円
合計 730,098円
出産育児一時金 ー420,000円
給付金 ー432,000円
合計 △121,902円

私のお産は母子ともに無事でありましたが、産後思ったより縫う必要があったので手術扱いとなったことが、プラスにつながりました。

お産はどんな状況になるかはわかりません。いざという時のために、保険に入ることの大切さも身をもって経験しました。

出産はお金がかかります!

これまでみてきたように、出産にはお金がかかります。

しかし国から支給される出産育児一時金や、出産手当金、育児休業給付金など、出産に伴い申請・手続きをすれば支給されるお金はあります。

公的制度を上手に活用し、安心して出産に臨みましょう。