8月の週予算と家計管理の見直しについて

hana家は毎月の管理可能支出(生活費)の予算項目が3つのみです。

<内訳>
・食費(予算28,000円)
・外食・レジャー費(10,000円)
・生活費(10,000円)

合計48,000円

こちらをさらに週予算として分けてやりくりしています。最近、検討項目が出てきました!<関連記事>週予算でシンプルに→週予算化やりくりで、家計管理がとてもシンプルに。

スポンサーリンク



今回は8月の週予算公開と、来年の予算立てへの検討項目をシェアします。

8月の週予算

8月は5週あるので、いつもより週のやりくり費が少ないです。

・1週目→ 4,000円
・2週目→12,000円
・3週目→11,000円
・4週目→11,000円
・5週目→ 5,000円
———————————
合計 43,000円

残りの5,000円はガソリン代にまわしました。(赤ペンで訂正しています)今まではガソリン代も一緒に週予算でやりくりしていましたが、最近、毎週ガソリンをいれていません。あまり使わないのもありますし、ガソリンをいれたときは約5,000円を使いますので、その週のやりくりがオーバーしてしまうことがあったからです。

モチベーションアップのためには、毎週のやりくりもなるべくオーバーしないよう努めたいので、ガソリンは別枠で設けることにしました。この方法は今月が初めてなので実験的に行ってみようと考えています。

我が家の管理について~➀妻の小遣いについて~

我が家は夫の小遣いが20,000円、妻の小遣いは0円です。私は以前と比べて物欲が減り、滅多に物を買わなくなりました。と言っても、2ヶ月に1回は何かしらメイク道具や日用品買っていますが、メイクや洋服は自分の貯蓄で賄っている状態です。(あまり良いとは言えませんよね…)毎月私の小遣いを設けるくらいなら、貯蓄に回したいと思っています。予算より多く自分の収入があった月に数千円小遣いに回し、あとは貯蓄に回すスタイルをとっています。

そのおかげで「仕事を頑張ろう」と前より前向きになれていますし、小遣いがないおかげで、ムダ使いを防げています。しかし、この7ヶ月家計管理をしてきて、自分の貯蓄を崩すことに違和感を覚えています。やはり妻も小遣いを設けるべきだと思っています。使わければ自分の貯蓄に回したり、夫婦で楽しい価値あることにお金を使ったりすれば良いだけなので、来年は妻の小遣いも数千円でも検討しています。貯蓄を崩してまで物を買うことがどうしてもスッキリしません。

現在は、妻の分の小遣いを毎月設定できない予算ですが、固定支出を見直して少しでも予算をつけていきたいです。貯蓄を崩して買い物をするのではなく、小遣いの予算の中でやりくりする方法をとりたいなと考えています。

我が家の管理について~②交際費について~

我が家は交際費がかかる月とかからない月があります。どの家庭もそうですが、家族イベントや御祝い事などがあれば、交際費はかさみますよね。我が家は夫婦共通の友人との時間が多くあり、みんなでランチを食べたり、飲みに行ったりと、交際費がかかる月があります。

現在の交際費は、「外食・レジャー費」の中に組んでいます。月額10,000円の中で、夫婦の外食費、友人との外食費、お出かけ費などをやりくりしています。

上半期のやりくりをみても、オーバーし続けています。
<外食・レジャー費>
・1月→10,437円
・2月→ 5,998円
・3月→16,787円
・4月→15,441円
・5月→17,175円
・6月→12,640円
・7月→14,092円

2月以外全てオーバーです。トータルで月のやりくり48,000円を超えなければ良しとしていますが、交際費がかさむことが多いので、来年は余裕ができたら交際費として別枠設けたいと考えています。

我が家の管理について~➂ガソリン代について~

ガソリン代も週予算に入れてしまうと、ガソリンを入れた時に週のやりくりが大変な状況です。今月はお試しでガソリン代5,000円を抜いた金額43,000円で週予算をやりくりしようと決めているので、やりやすければ来月からも検討します。

ガソリン代は1回で大きな支出になりますので、週予算を4,000円~5,000円にしている場合は一回でオーバーしてしまいます..。ガソリンの使う計画まではしたくないので、月のガソリン予算として予算を組もうか検討中です。

家計管理は定期的な見直しが必要です。1度始めた管理方法がずっと合うとは限りません。数ヶ月経っての改善点や検討項目があって普通だと考えています。より良い家計管理ができるよう、日々の気付きが大切ですよね。