特別支出の予測は必要なのか?

これまでに
・お金を愛し感謝の気持ちを持つことでお金は貯まる

・家計管理の意義
についてお話ししてきました。

「世帯収入、毎月の支出額を把握した上で、お金が貯められなければその原因は何にあるのか。夫婦間、家族間で問題点や不安点、課題点を話し合い、目標に向かって価値観の共有をする。」

とても大切なことです。
これから家族との目標に向かって、家計管理をしていく中で、ある程度は前年度の比較や毎月の家計簿の決算を通して、支出額を把握できているのではないでしょうか。

では、次のステップにいきましょう。

スポンサーリンク


年間の収支実績を把握する

収支実績とは言葉のとおり、「収入」と「支出」の実績のことで、このあとの「予算」を考えていく上で必要になります。
例えば、昨年の年間食費が48万円だったとしましょう。(1ヶ月4万円の計算です。)

この「実績」を把握できれば、「今年は40万円に抑えてみよう。」と今年の予算の組み立てにおいて、大いに役に立ちます。実績を把握していなければ、「今年の食費は、20万円でやれるはず」などと、大雑把で実現が難しい予算編成となり、非現実的な目標値になることが考えられます。

現実的な予算を組み立てていく中で、前年度の「収支実績」が必要です。楽しく家計管理していくためにも、現実的な予算編成が鍵となります。

今まで家計簿をつけてきたご家庭は、改めて手に取り、「収支実績」を振り返りましょう。確定申告をした方は、資料も引っ張り出し、収支額についてまとめてみましょう。

これは、その家庭の「お金の流れ」を知るきっかけにもつながります。この過程で、ムダ使いをしている項目や浪費につながる行動がわかってきたりするのです。

dentaku.jpg

年間の特別支出を予測する

年間の収支実績を把握できました。次に考えるのは、特別支出についてです。
お手元に「収支実績」をご用意ください。

さて、特別支出とは何でしょうか。
「支出」の中にも、固定費といって住居費や生活費など、毎月決まって出ていく支出があれば、毎月の支払いはないが、隔月に○○の支払いがある、継続して支払うお金ではないが、ものすごく額が大きい支出、というものはありませんか?
→それらが、「特別支出」にあたります。

例えば、車の税金、車検代、子どもの入学金、帰省の費用、大型家電の買い替え、固定資産税などが該当します。これらの支出額は、驚くほど大きいはずです。毎月の支出額であれば家計を管理していくのが難しいと感じる金額ではないでしょうか。ですが、「特別」とあるように、どうせたまに支払う支出だしそんなに重要ではないな、と判断していませんか?危ないです!!

収支実績をみてお分かりいただけるように、実はかなりの支出額なので、できれば年間の予算編成をしていく上では、この「特別支出」予定額も考慮して考えていくことが必要となります。

では具体的に予測していきましょう。
特別支出には予測できるものと予測できないものがあるので、大きく2つに分けて考えます。

<予測できるもの>
■保険・税金(固定資産税、各種年払いの保険料など)
■車(自動車税、保険、車検費用など)
■住宅(更新料、引っ越し費用、家具・インテリアなどの購入費、修繕費など)
■教育費(制服代、留学費、部活の遠征費など)

<予測できないもの>
■予定外の修繕費用、イベント費用など予測ができないもの

収支実績で年間の支出額がわかりました。更に特別支出額も予測できるものを把握することで、このあとに続く現実的な予算を組み立てることに大いに役立ちます。
地道な作業になりますが、家計を管理する上で非常に大切なことです。コツコツ頑張りましょう。