昇格分の給料は、貯蓄にまわすこと

新年度に変わり、バタバタしていた時期も落ち着く頃でしょうか。前回、→夫の昇格が決定!収入アップの行方とはについての記事をご紹介しました。

その中では、収入がアップしても、月次収入予算を変更はせず、今まで通りのやりくりでしていくことをご紹介しました。hana家の強制預金額が、毎月1,100円なのでそこを増やしたいと思っていましたし、夫の昇給分はそっくりそのまま貯蓄に回しています。

夫とは生活価値観も合うので、収入がアップしたからお金を今まで以上に使うのではなく、「必要な物、価値あることにお金を使う」ことを徹底しています。

スポンサーリンク


昇給決定!

我が家の月次予算は、
収入(夫)が152,000円
収入(妻)が80,000円の合計232,000円です。

夫の収入アップ分はプラス8,000円なので、4月からの収入予算は合計240,000円に変更になりました。この8,000円は生活費に回すのではなく、貯蓄に回し、夢や目標のために使うことにしました。

毎月の強制貯蓄額が1,000円でしたので、この8,000円は我が家にとって大きいです。確実に9,000円を貯めることができますので、年間貯蓄額も大幅に増えることになりました^^嬉しい!

昇給分のお金の行方をハッキリさせておく

すべて「貯蓄」に回すことにしましたが、皆さんのご家庭ではどうでしょうか。「ただなんとなく、自由に使えるお金」に回したりはしていませんか??

「〇〇円は〇〇費、○○円は貯蓄、〇〇円は積み立て用」などと具体的に予算立てすることをおすすめします。ただなんとなく「収入が増えたから、足りないときに使おう」というやり方では、ムダ使いしてしまう可能性があるからです。

例えば、10,000円昇給したとしましょう。
今まで週予算12,000円でやりくりしてきたAさん。急に10,000円も余分に使えるお金ができたので、いつもより財布のひもが緩くなります。予算立てをせず「とりあえず自由に使えるお金」という認識でいると、余計なモノを買ったり、外食を増やしてしまったり、急にムダ使いに走ってしまうことになりかねます。

昇給お祝いだから、今月だけ「ドカンと使おう!」という計画的な使い方であれば良いでしょう。ただこの「とりあえず自由に使えるお金」スタイルを何ヶ月も続くと、管理があやふやになり、家計管理がゆるくなってしまいます。「今月〇〇費が予算オーバー!あっでも昇給分で補えばいいっか!」なんてことも起きてしまうかもしれません。これは避けたいですよね。

例えば、「いままでの生活費目でやりくりギリギリなところの予算を多くしたり、昇給分の半分は貯蓄に回したり、積立に回したりと計画的に予算の見直しをすること」をおすすめします。そうすれば、計画的にやりくりができ、家計管理を乱さずに済みます。貯蓄に回すのであれば、前年度までに見積もっていた貯蓄額より確実に増えますので、モチベーションアップにもつながりますよね。

「お金が増えたからただなんとなく使う。」のではなく、計画的に予算の修正をすることが必要です。

計画性が大事

何にでも言えますが、計画性が大事です。物事を計画的に考え、実行するだけで目標達成しやすくなります。

我が家のように毎月の強制貯蓄額が少なくても、少ないなりに確実に実行していけば、年間の予定強制貯蓄額を達成できます。目標額は年間100万円ですので程遠いですが、しっかり貯まれば、翌年の家計管理のモチベーションアップにもつながります。

行き当たりばったりの行動だけだと、場合によっては良いときもあるでしょう。家計管理においては、きちんと計画性をもって行うことが必要だと考えます。たとえ性格がずぼらであっても、ずぼらなりのやり方があるはずです。我が家のように、〇〇費でのやりくりから週予算に分割してやりくりに変える方法だってあるのです。→週予算化やりくりで、家計管理がとてもシンプルに。

家計管理には色々なやり方があります。色々な家庭があるように、その家庭にあったやり方があるのです。家庭の特徴を知り、分析し、何にお金を使うことが幸せでいられるのか、使いたいのかなど、目標や夢の価値観を共有し、計画的に行うことが、目標や夢を達成できる近道だと考えています。

分析し、計画的に考え行動することは簡単ではありませんが、家族の幸せのため、お金を有効に活用させるためには、しっかりと向き合うことが必要です。
今回のように昇給した場合だけではなく、臨時収入があった場合、副業で収入が予算より大幅にアップした場合など、状況に応じて計画的に管理することも、家計管理において重要な力だと考えます。毎日の積み重ねが家計管理の力を養います。ともに頑張りましょう♪

予算立てしても、予測不可能なことも沢山起こるのがふつうです。そんな予測不可能なことが起こった時も、しっかりと対応できるようになるためには、毎月、毎日の家系管理が重要です。悩み楽しみながら家計管理をしていきましょう^^