心の豊かさはお金に影響される

お金に余裕はありますか?どのくらいお金を持っていると余裕があると言えますか?

人それぞれ価値観が異なるので、一概に○○円あれば生活に余裕があるなんて簡単には言えませんが、心を豊かにするにはある程度お金が必要だと考えます。

今日は、hanaが考える「お金と心」についてシェアします。

お金は必要

言わなくてもわかることですが、お金は生きていく上、生活していく上で必要です。お金で私たちはモノやサービスを購入し、生計を立てています。お金がなくなれば、生活していくのが困難になるので、私たちは必死にお金を稼ごうとします。その日暮らしの生活だけではなく、家族の幸せのため、安心感を得るため、不測の事態に備えるため、老後のため、など様々な理由で貯金も必要でしょう。

スポンサーリンク


私たちは、生きていくために、幸せのためにお金が必要です。お金がないとモノ・サービスを購入できないので、満足度が下がります。満足度が下がれば、自分の幸福度も低くなり、周りへの配慮や思いやりも欠けるでしょう。「なぜ自分だけ?なぜ?なぜ?」と負のスパイラルに陥り、自尊心を保つのも難しくなるかもしれません。大げさかもしれませんが、私たちはお金によって生かされているとも言えます。

急に持ち金が0円になってしまったことを想像してください。

恐ろしいですよね。最悪な状況、絶対こうなりたくない、という状況を考えてみると、少なからず今の暮らしに感謝の気持ちが芽生えるのではないでしょうか。お金によって自分の人生は左右されたくないと思っていても、お金がない以上は生活していくのが困難になるのは否定できません。

お金と心

お金があることで、私たちは心からの豊かさを感じ、ゆとりある生活ができます。お金があることで、生活に安心感が生まれます。

「お金は汚い、見苦しい」などとマイナスなイメージをお持ちの方もいるかと思いますが、私はプラスに考えています。

お金があることで私はモノやサービスが購入でき、生かされています。<関連記事>→少ないお金でも不安な気持ちと向き合う考え方

生活防衛費もあり、貯蓄が増えていくと安心感も増し、幸福度も上がります。ある程度余裕が生まれたら、さらに暮らしをより良いものにしようとあらゆる事にお金をかけたり、自分磨きにお金をかけたりと、使い道も増えていきます。

私は、ある程度お金があることで、心にもゆとりや豊かさをもたらすと考えます。もしお金がなければ、毎日マイナスな意味でお金について考えたり、節約したり、生きていくのがつまらないものになるでしょう。想像するだけでも嫌です。

私たちはお金があることで生きていくことができます。お金に執着しすぎるのも賛否両論ありますが、私はお金と上手に付き合い、コントロールできるようになることが不可欠だと考えます。

お金の額に自分の感情や生活をコントロールされるのは嫌ですよね。お金に必死にしがみつき自分を見失うよりかは、自分にお金がついてくるようなイメージでお金と付き合えたら嬉しいです。お金と心を豊かにできるよう、自分や家族の幸せについて追求し、夢や目標、目指す道、着地点などに向かって今どうすべきか、どう行動することが良いのかをしっかり考えることが必要です。

自分や家族が幸せになるためには、夢や目標に向かって努力する!人生一度きりですから、幸せに生きる方法を見つけていきましょう♪