強制貯蓄(先取り貯蓄)は家族を幸せにする

hana家のように収入が少なくても、確実に貯蓄を増やせる方法があります。それは「強制貯蓄(先取り貯蓄)」をすること。大多数の家庭が行っていると思いますが、最近強制貯蓄の重要性をさらに実感しています。

今日は、我が家の強制貯蓄に対する考え方をご紹介します。

ルール➀どんなに少なくても強制金額を決める

我が家は2017年1月から夫と家計を一元化しました。独身時代にそれぞれ貯めてきた貯蓄とは別に、0円からの貯蓄をスタートさせました。始める前に、どのような方法が我が家に合うのかを模索していたところ、一つの本に出会いました。<関連記事>私が運命を感じた本→私が運命を感じた本の通り実践している家計の管理とは

こちらの本を参考に、まずは前年の収支を出し、それに基づいて予算立てをしました。どんなに収入が少なくても強制金額は決めるべきです。<関連記事>家計管理の重要性→お金に悩まされない人生を送るためには、家計管理が必要である
①年間支出額の出し方については、こちらから→2016年の年間支出額発表
②特別支出の算出方法については、こちらから→2017年の年間特別支出発表
➂収入予算、ボーナス支出予算については、こちらから→2017年の予算、ボーナス支出予算発表
➃予算立ての手順と予算については、こちらから→予算立ての手順と、2017年の収支予算発表
➄予算がオーバーしてしまったときについては、こちらから→予算オーバーしてしまったときに考えるべきこと

これから家計管理を始める方は、是非参考にしてください。予算立ては大変重要です。予算を立てないで家計管理を始めてしまうと、赤字になる可能性もあります。

スポンサーリンク


ちなみに我が家は「1,000円」という少ない金額ですが、毎月貯蓄に回しています。どんなにギリギリな暮らしでも(極端ですが)1円でも良いので強制貯蓄に回しましょう。お金を貯めるには、マイナスではなくプラスになるよう毎月やりくりしていく必要があります。使う前に強制貯蓄として決めた金額を貯蓄に回すことでお金が貯まります。

数万円単位で強制貯蓄が難しい家庭は、我が家のように千円単位でも良いです!大切なのは限られた収入の中で、どうやりくりして、プラスでやりくりできるか。マイナスにさせないよう工夫することが重要なのです。お金を貯めるためには、1円でも多く毎月貯めることが必要なのです。

ルール②強制金額はもとからないものだと思う

強制金額をするメリットは、「確実にお金が貯まること」です。月額の金額を決めれば年間でどのくらい貯蓄できるかの計画も立てられますし、お金の使い方も変わります。

「収入-支出=強制貯蓄」ではなく「収入-強制貯蓄=支出」という考え方に変わりますので、残ったお金で必死にやりくりしようとします。

毎月もらった給料を全て使って全然貯められない!という人は、使う前に強制金額として一定額を貯蓄に回しましょう。その金額はもとからないものだと思って、残りの金額でやりくりします。最初の数ヶ月は大変かもしれません。その金額が大きければ大きいほど、何かを我慢したり、やりくりを工夫したりしなければいけません。しかし慣れたら、意外にやりくりできますし、貯蓄のために必死にやりくりしようとします。

最初から強制貯蓄に回した分は「ないもの」だと思って生活しましょう。

ルール➂強制貯蓄は家族を幸せにするものだと考える

強制貯蓄は何も自分の生活を苦しめるためにするわけではありません。万が一働けなくなった時、まとまったお金が必要になった時など、急にお金が必要になることもあります。そんな時、ローンや知人からお金を借りずに生活していくためには貯蓄が必要です。

その他にも、
・生活が困難にならないために
・苦しまないために
・家族がずっと幸せに暮らすため
・夢や目標を叶えるため
・住宅購入費、教育費、車買替費、旅行費、娯楽費など

様々な貯蓄目標が各家庭にはあります。

貯蓄が0円ですと、いざ収入がなくなった時大変です。毎月の暮らしを楽しむことも大切ですが、長い目でみて生活のレベルが低下しないよう、毎月のやりくりの工夫で少しでも貯蓄に回すことが重要です。

貯蓄は家族を幸せにするものです。貯蓄がないと生活が不安になりますよね。万が一病気やケガで働けなくなっとき、貯蓄がなければ生活が苦しくなります。どんな状況になっても安心して暮らせるように貯蓄は大切です。生活防衛用の貯蓄以外にも夢や目標のために別枠で貯蓄をすることで、計画的にお金を貯めることができ、自信をもってお金を使うことができますよ。