より幸せを感じるためには好きな仕事をする

今日は、hanaが考える幸せに生きていくための「仕事」についてシェアしたいと思います。

仕事をしている時間は1日の3分の1

仕事は大抵1日の3分の1を占めます。残業などがあればさらに多くの時間を費やすことになりますが、職種によっては、もしかしたら家族より職場で多くの時間を過ごす日もあるかもしれません。

仕事は生きていく上で大切ですから、仕事なしで生活するのは難しいです。資本所得で生計を立てている方も中にはいらっしゃるでしょうが、大抵は労働所得です。
昨今、残業が多かったり、ストレスを抱えて残念な事態を招いてしまう事件が後を絶たないですが、長い間ずっと働くのであれば「好きな仕事」「幸せになる仕事」をしていくことが大切だと考えています。

好きな仕事が出来れば良いに越したことはないですよね。嫌々な仕事をするよりも、好きな仕事、楽しい仕事に就けば心身ともにストレスが減るでしょう。しかし現状は、皆が全員、好きな仕事に就けているわけではないので、難しいと思います。

しかし長い時間を仕事に費やすのであれば、hanaは自分が幸せに感じる仕事を選んでいきたいなと考えます。

スポンサーリンク


日本人は残業好き?

私は外国人の友人が多いのですが、皆 口を揃えて「日本人は生真面目で熱心だよね」と言います。「日本人は毎日残業していて、不思議。家族の時間は大切じゃないのかな?」と聞かれたこともありました。もちろんそんなことはないと伝えましたし、家族との時間を大切にしている人は多いはずです。

しかし他国の人から見ると、日本人はそのように見えるようです。以前、私は海外に住んでいたことがあるのですが、外国人の働き方に影響を受けました。皆が大体仕事を定時であがり、その後の「家族時間」をとても大切にしていたのです。それがなんだか幸せそうで、嬉しそうで、楽しそうで…私も将来このような働き方をしていきたいなと思っていました。

日本人は残業好きではないはずです。残業する理由としては、「仕事が終わらないから」というのが一番の理由だと思います。自己の仕事に対する管理力やこなしていく力が増せば残業は減るでしょう。

誰でも好きな仕事をしたいはず

大概の人は、好きな仕事をしたいはずです。私も1日に3分の1を占める時間を費やすのであれば好きな仕事、楽しい仕事をして人生を楽しみたいですし、家族との時間も大切にしたいです。

自分の好きな仕事に就くためには、努力が必要です。その会社に求められる素質を持つこと、倍率が高い企業であれば採用されるよう努力すること、自分がやりたい仕事、企業がなければ自分で開業するなど、自分が心から楽しい、好きな仕事だ!と思える仕事に就くのには簡単なことではありません。

しかし、より幸せを感じていくためには「好きな仕事」に就くことが大事です。嫌々で何年も同じ仕事をするのは避けたいなと思います。職を変えたり、稼ぎ主が仕事を辞めることで生活が苦しくなる事態も避けたいので難しいですよね…。
私の現在の仕事は楽しいですが、いつか個人事業主になって働きたいと考えています。子どもができても自宅で仕事をしたり、家族の時間に合わせて私が働くスタイル変えられるような働き方をするのが夢です。

自分の長所や得意な事を活かした職でビジネスできたらとても幸せだなと思うのです。幸せな人生を送るためには、自分がやりたい!ことをしていくことが1番なのではないかなと考えます。仕事はずっとしていくものですから、楽しくできたら嬉しいですよね!